• ホーム
  • あなたは大丈夫?ダイエットの噂とウソと勘違い!

あなたは大丈夫?ダイエットの噂とウソと勘違い!

2019年12月01日

薄着の季節が近づくと、多くの方がダイエットに取り組むことを考え始めると思います。
冬の間は分厚い重ね着やコートで隠れていた脂肪も、春や夏の薄着では隠すことが出来ません。
しかし、忙しい毎日でダイエットに取り組む時間も余裕もない…という方も多いことでしょう。
ウソや噂に振り回されて貴重な時間を使ってしまうよりも、初めから効率のいいダイエット方法に取り組みたいものです。

世の中には様々な情報が飛び交っているので、慎重に自分にあったダイエット方法を選ぶ必要があります。
勘違いから生じる間違った方法でダイエットに取り組んでも、思ったような結果が出ずがっかりしたり、モチベーションが下がったりしてしまいがちです。

多くの方が、運動をすればすぐに痩せられると思っていることでしょう。
それは決して間違いではありませんが、効率のいいダイエット方法かと問われると疑問が残ります。
例えばランニングの場合、30分走ってもご飯一杯分、1時間走ったとしても菓子パンとドリンク分ほどのカロリーしか消費されません。
毎日ランニングを出来るとも限りませんし、これではあまりに効率が悪いというものです。

では、どのようなことからダイエットに取り組むのが良いのでしょうか。
それはやはり、食生活から改善していくことが近道だと言えます。
そもそも、『ダイエット』という言葉は痩せることではなく食生活そのものを指す言葉であることからもわかるように、美しく痩せることと食生活を正すことは切っても切り離せない関係にあります。
そのあたりの勘違いを正していくことから、健康的で正しいダイエットが始まると言っても過言ではないのです。

まずは手軽に取り組み始めることができる『食生活の改善』から取り組み、モチベーションや身体の状態が整ってきたところで少しずつ運動に取り組んで筋肉をつけていくという手段が、最も効率良く美しい身体を手に入れることができる道なのです。
激しい運動や継続が不可能な手段からダイエットに取り組むと、効率が悪いばかりか健康を害することもあるので、注意が必要です。

体重だけ?ダイエット中にチェックすべき事

がむしゃらに運動だけを頑張っても、ダイエットには繋がりづらいということが分かりました。
では、具体的にどのような食生活を送ると、手っ取り早いダイエットに繋がるのでしょうか。

鍵となってくるのは、やはりカロリーです。
食べるもののカロリーを制限すると、短期間で体重や脂肪をぐっと落とすことが出来ます。
ローカロリー食品の代表格は、こんにゃくやはるさめといった物になります。
カロリーがほとんどない食品であるのにも関わらず、様々な味付けや調理法で飽きずに食べられるというのも、ダイエット食品として優秀なポイントであると言えます。

和食に取り入れやすいこんにゃくやはるさめですが、実は洋風のアレンジも行うことが出来ます。
細かく切ってスープやサラダに加えるのはもちろんのこと、はるさめやしらたきなど細長い食品については、パスタや麺料理の代用として用いることが出来ます。
味付け次第で、ダイエット中でもパスタやラーメンの味を楽しむことができるので、多くの方が採用している短期間ダイエット中の食事方法の一つです。

また、ダイエット中は控えたいスイーツについても、寒天を用いたものなど非常にローカロリーのものが市販されています。
極度の我慢はストレスにつながるので、時には寒天ゼリーなどの市販品を上手に活用し、甘いものを楽しむのも良いでしょう。

体重のことだけではなく、ダイエット中でも美しい身体づくりを心掛けたいものです。
そんな時に摂取したいのが、プロテインです。
プロテインの主成分はたんぱく質なので、脂肪燃焼の助けになるばかりではなく、女性らしいプロポーションを維持したり筋肉の増強を助けてくれるといった作用があります。
ただ脂肪を落とすことだけがダイエットではないので、健康的な身体を作るためにはこういった製品も活用していくと良いでしょう。