• ホーム
  • ホメオスタシスって?リバウンドするのは正常なこと

ホメオスタシスって?リバウンドするのは正常なこと

2019年08月18日

ダイエットに取り組んでいると、最初のうちはしっかり体重が落ちていくのにある一定の時期になるとどんなに食事を抜いたり運動をたくさんしても体重が変わらなくなることがあります。
この現象をホメオスタシスと言い、停滞期のことを意味します。

ホメオスタシスはダイエットをしたことがある人なら必ずといってもいいほど経験する正常な現象です。
リバウンドとは違うので、停滞期になってしまったから焦って過酷なダイエットをする必要はなく、今まで通りの食生活や運動を続けていればいつの間にか解消されて再び体重が減るようになります。
停滞期の継続期間は人によって異なりますが、2週間から1か月前後続くのが一般的です。

ホメオスタシスの時期には体重が減らないだけでなく、少し増える人もいます。
ダイエットに挫折したときのリバウンドとは異なって、体が内部環境を正常に保とうとして働くので水分を溜めこんだり体脂肪が変化して、一時的に体重が増加します。
緩やかなダイエットを行っているとそれほど変化はありませんが、短期集中で激痩せに挑戦したり断食を続けたりすると、生体維持のために体が過敏に反応していきなり体重が増えることもあります。

ホメオスタシスは生きていく上で欠かせない大切な現象なので、リバウンドしたと勘違いしてストレスを溜めたりびっくりして落ち込んだりしないように、停滞期について理解しておけば安心です。
過度の空腹感でイライラしたりやけ食いするのを防ぐためには、満腹感を得られるシグナルを伝達する効果があるレプチンを分泌させるサプリメントやダイエット薬を活用するのが有効です。

停滞期になるとおなかが空いたり無性に揚げものや甘いものが食べたくなったりするので、心の安定を保ってダイエットを続けるためにもレプチンを増やしたりリラックスする方法を考えたりして上手に乗り切りましょう。
無事に期間が過ぎればまた体重が減ってくるので目標に向かってダイエットができます。

リバウンドしないための絶対条件!

ホメオスタシスで体重が落ちなかったり食べていないのに太ったりすると、気持ちが落ち込んで反動で食べ過ぎてしまったりリバウンドの危険があります。
リバウンドをしないための絶対条件は、やけ食いを防いで我慢することです。
停滞期はどんなに頑張っても体重が減らないので、自分の体に耳を傾けて今まで通りのダイエットを続けることが大切です。

満腹中枢に作用するホルモンのレプチンを増やせば、食欲を抑制して食べ過ぎを防ぐことができます。
エネルギー代謝も活性化されるので、停滞期が過ぎたあとも満腹感をコントロールして上手にダイエットが続きます。
良質なタンパク質や亜鉛、ビタミンEなどを摂取すると分泌量が増えるので、リバウンドを防ぐためにも普段から大豆製品やナッツ類、レバーや青魚を食べるのがおすすめです。

ダイエット中は毎日体重計に乗って体重の変化を調べるのが基本ですが、ホメオスタシスの影響で何週間も体重が減らないとテンションも下がって挫折しそうになります。
ここであきらめて大食いをするとあっという間に体重が元通りになってリバウンドするので、我慢して体重が減らなくても低カロリーな食事をしたり、運動を続けるようにしましょう。

満腹感を得るためにはおかゆやスープなどカロリーが低いものをたっぷり食べたり、散歩や音楽鑑賞などで気を紛らわしたり、リラックスして過ごすことがポイントです。
亜鉛やオメガ3、ビタミンEの入ったサプリメントを摂取するのもレプチンを増やすために有効なので、ダイエット中の栄養補給のためにも使えます。
自分の体のメカニズムや停滞期の周期について理解しておけば焦らずにリバウンドを防ぐことができるので、頑張ってダイエットに取り組みましょう。